100名以上の大規模

各方面の友人や知人を招待する

結婚式二次会は新郎側の友人と、新婦側の友人をそれぞれ10人くらいずつ招待するケースが多いでしょう。

そのため、たいていは20人くらいの規模になります。しかし、稀に100人以上の大人数で結婚式二次会を開く新郎新婦もいます。

中学、高校、大学の同級生と社会人以降に知り合った人など、各方面の友人や知人を招待すれば、100人くらいになることもあるかもしれません。

かなりにぎやかで盛大な二次会になるでしょう。そして、大人数の場合には、会場選びも、少人数の場合とは勝手が違います。

100人以上の規模だと、通常のバーなどでは入りきれないため、ホールなどの大きな会場に絞って探すことになるでしょう。

大きな会場を貸し切りにして、大勢でワイワイ楽しめます。料理やお酒などはケータリングのサービスを利用するのがいいでしょう。

マイクやスピーカー、プロジェクターなどの設備が整っている会場がおすすめです。思い出の映像などをプロジェクターで映せばみんなで思い出に浸れるでしょう。

大人数なら立食パーティー

居酒屋やバーなどで結婚式二次会をする際には、席順は自由でも基本的に同じ席に座って楽しむことが多いです。

しかし、100人以上の規模のパーティーとなれば、立食パーティーや半立食形式の方が合っているでしょう。

人数が多いので、新郎新婦も友人たちも自由に歩き回れる方が、いろんな人と話ができます。

立食パーティーなら、バイキング形式で好きな料理を自由に取って食べられるのも大きな魅力です。

料理を取り分けているときに、新郎新婦と話をして盛り上がることもあるでしょう。立食パーティーと聞くと費用が高くなりそうなイメージが強いですが、意外とそうでもありません。

会場の使用料と飲食代を合わせて1人あたり5,000円前後で済む会場も多いです。概ね2時間から3時間程度貸し切りにできます。

また100人以上の規模なら参加者同士で初対面というケースも珍しくありません。そのような場合も新郎新婦を囲んでお喋りに花を咲かせれば、盛り上がれることが多いです。

hw-dresssalon